大阪梅田 ツインタワーズ サウス 1期

 

前職でプロジェクトメンバーとして担当

 

 

 

梅田の老舗、阪神百貨店の建替計画です。また、新阪急ビルとを道路上空占用(日本初)を用いて一体で建替える阪急阪神の統合の象徴であり、かつ将来の梅田のまちづくりを牽引するための都市再編プロジェクトでもありました。一期工事では低層部のパンチングを施したアルミパネルと緑化による「オーガニックファサード」、地下の活力を地上・デッキレベルに押し上げて循環させる「3層歩行者ネットワーク」を実現しています。

 

所在地  :大阪市北区

主用途  :百貨店・事務所

延床面積 :約260,000㎡

構造・階数:S・SRC造 B3・38F